競馬情報サイトに登録して稼ぐ!

競馬で稼ぐには?
You are currently browsing the 競走馬ついて category

競走馬にとって大切なレース

  • 2012年1月30日 6:56 PM

人間に比べるとはるかに成長の速い馬は、寿命もヒトに比べると短く、馬の1年が人間の4年にあたると言われています。2歳馬は人間でいうと中学生、3歳馬は高校生、4歳馬以上
が大人の馬にあたるとも言われています。数ある競馬レースの中でも「桜花賞・皐月賞・オークス・ダービー・菊花賞」という5つのレースはクラシックレースと呼ばれていて、最も
権威のあるレースだと言われます。当然全ての競馬に関わる人たちが勝ちを狙いにくるレースであり、そこでは出場する出走馬のレベルが非常に重要視されます。3歳馬でピークを迎
えているような早熟の馬が求められており、どんなに将来性の高い馬であっても成長が遅い、未完成な馬は出走することすらできないのです。もし3歳でその年の秋のレースを狙うと
したら、その年の春の時点でかなり完成された状態でないと出走は難しいといえるでしょう。出走馬の今後の将来性などについては、その馬の血統を参考に、判断されているようです
。また完成度の高い馬であっても、輸送に慣れていない経験の浅い馬は、移動中に体調を崩す場合が多く、必ず万全の状態で走れるとはいえません。体調を崩した馬は体重が落ちやす
いので、もし移動前とレース前でかなりの体重差がある馬がいたら、その馬券の購入は控えた方が賢明といえます。特に牝馬は大変神経質な馬が多く、移動などの少しのストレスで調
子を崩しやすくなっています。ストレスが原因でフケなどが出てしまう場合もあり、そのような馬はたとえ直前のレースでいい結果を残していても、あまり成績を伸ばすことができな
かったりします。クラシックレースでは3歳ぐらいまでの若い馬が主流ですが、それ以降の年齢の馬が出る有名レースにG1があります。3歳ごろまではなかなか成績を出せなかった
馬でもその調子を上げクラシックレース勝者の若い馬に勝ってしまう場合もあります。世代も様々で人気も二分することが多いG1レースでは、楽しみの多いレースといえるでしょう。

長年の勘というものがあります!

  • 2011年6月1日 10:51 AM

長年の競馬ファンであった私ですが、その趣味が高じてブログを立ち上げました。競馬は大好きでしたが競馬知識としては特に秀でたわけではなく、メインの目的は競馬予想を楽しんで、同じ趣味の人とコミュニケーションがとれたら楽しいのではないか、ということで始めました。最初のころは新規立ち上げサイトということもあり、10日足らずで訪問者が増加し、一番多い時では日に50人ほとが訪れてくれるブログとなりました。

50人と言うとブログカウントとしてみると多くはありませんが、個人的にはブログ訪問者の見解を見たり、時には意見のやり取りをして、個人感覚としては充分な量で、競馬予想が今まで以上に楽しくなり、レースが開催される週末が待ち遠しくなりました。

では公表してきた予想はといいますと、知識も充分ではない素人予想です。大穴一発狙いや元返しに近いガチガチの本命予想など、本当に一般の素人予想の買い目を公表していました。このような予想です、勝率を見ますと残念ながら高くはありませんでした。

ブログ立ち上げ当時は毎日のように訪れてくれていたユーザーも、勝率が良くないのと同時に数ヵ月後には訪れてこなくなりました。競馬予想ブログは、やはり当たってなんぼのものかもしれません。

自分としてはあくまで個人の趣味の競馬予想ブログという考えで、勝率はあまり重要に考えていませんでした。しかしユーザーからすると、やはり勝率が重要で、さらにユーザーに魅力を感じてもらえる文章も必要なのかもしれません。

ブログ開設を考えるときは、これらのことを気にして立ち上げた方が長続きするかもしれないですね。

今週のレースは→安田記念2011予想

シーズンを通して頑張る競走馬

  • 2011年4月20日 10:17 AM

競走馬は私達個人よりも短命であり、そのかわりに発育も早熟な生物です。基本的にに競走馬の一年間は人の四年間に値するともいわれてます。個人により例え方はさまざまですが、とある競馬専門家では、2歳の競走馬を中学校の生徒、3歳の競走馬は高等学校の生徒と表現しています。4歳の競走馬を超えると成人と表現されることになります。
今週は2011皐月賞が開催されます。

出走場に年齢の制限が競走は、2歳馬限定レース、3歳馬限定レースが存在します。その中でも三歳牝馬の国際GⅠレース桜花賞、三歳牡馬・牝馬の国際GⅠレース皐月賞、三歳牝馬の国際GⅠレースオークス(優駿牝馬)、三歳牡馬・牝馬の国際GⅠレース日本ダービー(東京優駿)、三歳牡馬・牝馬の国際GⅠレース菊花賞の5大レースはクラシック競走言われており、競馬業界関係者にしては非常に権威のある競馬レースしてしています。クラシックレースで重要なのは、各競走馬の仕上がり度合いになります。将来期待ができる競走馬でも、発育が遅れる競走馬や、完成遅れる競走馬はレースに出馬することすらできません。発育の早さが要求されることに合わせて、3歳馬の秋シーズンでの競馬レースは春シーズンよりも競走馬が発達したという育成度合いを感じさせなければ勝利することは難しいのです。競走馬の仕上がり具合を確かめる点としては、系統血統が一番重要な要素になります。
青年期の競走馬は競馬競技場への移動もまだ不慣れな期なので、移動でミスをしてしまうパターンも多く見られます。このような時に競走馬の体重が大幅に減少した競走馬は、完璧な体の調子で競馬レースに挑戦することができなくなります。競走前に公開される競走馬の体重にも考慮しましょう。そして、牝競走馬で気をつけたいのは「頭垢」で、色情をする時期のことです。3歳馬の時期には頭垢が発生する牝競走馬が多々いるため、実力馬が特別な原因もなくあっさりと敗北したりしてしまいます。牡競走馬と比較すると牝競走馬はデリケートな特性があります。

2011フローラステークスの予想している競馬予想会社の情報を提供しています。

4歳馬を超えると、競走馬はたくましく成人として対応されます。クラシックレースでは実力を出せなかったものの着実に実力を備えてきた競走馬が、華麗なクラシック競走馬を出し抜くこともあります。そして、3歳競走馬でも実力馬は年上の競走馬が出走する国際グレード1レース(GⅠ)にチャレンジしてきます。勢力のある若手と、レース経験豊富な強者。いったいどちらが真の実力馬なのか。一時代の革命は起きるのか。多数の競馬レースファンが興奮し、勝馬投票券の支持もわかれるため、期待しながらレース予想することができるでしょう。