競馬情報サイトに登録して稼ぐ!

競馬で稼ぐには?

平成11年に全面改修

  • 2012年2月16日 12:27 PM

福岡県北九州市にある小倉競馬場は、平成11年に全面改修が行われていますが、特徴としては、2コーナーの付近が小高くなっており、1コーナーから上って2コーナーから下っていくことになるため、この辺りでスピードが出るようになり、3コーナーから4コーナーにかけても緩やかな下りとなるため、展開が早くなる傾向があります。また、最後の直線走路が短いのも特徴です。そのため、近走のタイムを調べることも重要になってきます。
特に短距離戦はスピード決着となることが多いですが、先行争いが激しくなり、結果として差し、追い込みが決まるケースもあるので念頭に入れておく必要があるでしょう。
通常は冬の1、2月と、夏の7〜9月に開催され、中山記念2012、小倉大賞典などの重賞競走も行われています。九州で行われる関西ローカルということで関東馬の参戦は少なく、同様に関東の一線級の騎手の騎乗も少ないのが特徴で、夏はこの傾向が強まります。
関東の騎手でも若手などは小倉で騎乗することもあり、関西の若手とのぶつかり合いも楽しみのひとつです。ただ、やはり小倉を得意とする関西の若手中堅が馬券にからむ傾向があるため、騎手との相性を見極めることも大事になってきます。
有力馬の騎乗が多い福永祐一騎手などはもちろんですが、若手でも浜中俊騎手や川須栄彦騎手など地元福岡出身の騎手に注目する必要があるでしょう。また、酒井学、北村友一、田嶋翔各騎手ら小倉が得意ではないかと思われる関西騎手にも注目してみる必要があるでしょう。
今日のブログも一段落したので、G?マーケッツ評価に書きこみでもしてきます!

コメントを残す