競馬情報サイトに登録して稼ぐ!

競馬で稼ぐには?

競走馬にとって大切なレース

  • 2012年1月30日 6:56 PM

人間に比べるとはるかに成長の速い馬は、寿命もヒトに比べると短く、馬の1年が人間の4年にあたると言われています。2歳馬は人間でいうと中学生、3歳馬は高校生、4歳馬以上
が大人の馬にあたるとも言われています。数ある競馬レースの中でも「桜花賞・皐月賞・オークス・ダービー・菊花賞」という5つのレースはクラシックレースと呼ばれていて、最も
権威のあるレースだと言われます。当然全ての競馬に関わる人たちが勝ちを狙いにくるレースであり、そこでは出場する出走馬のレベルが非常に重要視されます。3歳馬でピークを迎
えているような早熟の馬が求められており、どんなに将来性の高い馬であっても成長が遅い、未完成な馬は出走することすらできないのです。もし3歳でその年の秋のレースを狙うと
したら、その年の春の時点でかなり完成された状態でないと出走は難しいといえるでしょう。出走馬の今後の将来性などについては、その馬の血統を参考に、判断されているようです
。また完成度の高い馬であっても、輸送に慣れていない経験の浅い馬は、移動中に体調を崩す場合が多く、必ず万全の状態で走れるとはいえません。体調を崩した馬は体重が落ちやす
いので、もし移動前とレース前でかなりの体重差がある馬がいたら、その馬券の購入は控えた方が賢明といえます。特に牝馬は大変神経質な馬が多く、移動などの少しのストレスで調
子を崩しやすくなっています。ストレスが原因でフケなどが出てしまう場合もあり、そのような馬はたとえ直前のレースでいい結果を残していても、あまり成績を伸ばすことができな
かったりします。クラシックレースでは3歳ぐらいまでの若い馬が主流ですが、それ以降の年齢の馬が出る有名レースにG1があります。3歳ごろまではなかなか成績を出せなかった
馬でもその調子を上げクラシックレース勝者の若い馬に勝ってしまう場合もあります。世代も様々で人気も二分することが多いG1レースでは、楽しみの多いレースといえるでしょう。

コメントを残す